edの自覚症状|種類と原因|治療方法

edの自覚症状

edとは何ですか?勃起障害のことです。満足のいく勃起がとれない状態です。「なかなか勃起しない」「最近、性行為に自信が持てない」「最後まで満足のいくような性交ができない」「たまに勃起しないことがある」という体験があった男性がいるでしょう!これらはedの症状です。

Edになると、動脈の拡がりが不十分になり、十分な血液が動脈に流れ込まなかったり、勃起につながる神経のどこかにダメージを受けたり、硬くなるのに時間がかかったりして、勃起が十分続かなかったのです。

Edは自覚できます。edの自覚症状がいろいろあります。
● 朝だちはできるが、セックスしたいときと勃起しない。
● マスターベーションでは勃起し射精まで行くが、女性が相手だと、緊張して勃起しない。
● 挿入に至るまでにペニスが充分勃起できない。
● セックス途中で中折れして射精までいかない。
● 以前は相手を触るとすぐ勃起したが、今は性的刺激を受けても、なかなか勃起しない。
● 最近、精力や性欲が落ちて、充分勃起しなくなった。
● 加齢により、勃起力が落ちて勢いのある射精感がなくなった。
● 勃起力が落ちてきたからか、早漏気味になった。
● 以前は射精を我慢できたが、最近は我慢がきかず早漏になった。
● 以前は勢いのあるスッキリした射精感だったが、最近はタラーとかダラダラ漏れるような射精になった。

以上はedの自覚症状です。自分でチェックしてください!

edの種類と原因

edといっても、種類は様々です。edの種類について紹介します。

若年性ed

edというと、中高層のことというイメージを残しています。最近は10代後半から20代、30代前半までのedが非常に多く増えているみたいです。これは若年性edです。若年性edの原因は何ですか?二つの原因があります。一つ目は社会生活や家庭生活を築いていこうとしている若者にはたいへんストレスの大きい状況となっています。二つ目はインターネットのバーチャルな世界で遊んだり、1日中パソコンに向き合っている仕事の人はEDになりやすいです。

加齢性ed
年を取りますが、下半身も年を重ねると弱ってきて、勃起が悪くなります。加齢性edの原因には、生理的なものばかりでなく、加齢に伴って増えるさまざまな生活習慣病です。その代表的なものが高血圧、糖尿病、脂質異常症などです。これはedの原因になります。

心因性ed
心因性edは名称の通り、体の機能そのものに問題はなく、心理的・精神的な要因から起こるedです。心因性edの原因は心理の原因です。調査によると、心因性ed になった男性は、1人でさまざまな努力をおこなうものの、かえって性行為に対して緊張感や焦りが出てしまい、失敗するケースが多くみられるようです。アルコールや薬物への依存症も、精神疾患も心因性edの原因になります。

edの治療方法

edになれば、治療しないで、そのまま放置すると、セックスができなくなります。勃起不全対策をまとめれば、ICI治療、食事や運動から改善、精神科治療、薬物治療などです。今大人気のはed治療薬です。

ed治療薬というと、種類は様々です。世界三大ed治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスです。バイアグラ、レビトラ、シアリスのほか、ed治療薬はたくさんあります。医学の進歩に伴い、ed治療薬はとても安全です。ed治療薬の副作用を心配する必要が全然ありません。ed治療薬はed克服対策として、流行しています。しかも、今ed治療薬の通販サイトから、購入する人は大部分です。

■ED治療薬の購入に悩んでる方はぜひ

⇥セックスの勃起障害にはシアリス薬通販

■女性版EDでお悩みの方はココ

⇥セックスのマンネリ化には媚薬